消費者金融の金利は高い?低い?

消費者金融は銀行の融資と異なり、無担保で融資を行います。一旦、返済不能の債務者が出てしまえば、それはそのまま消費者金融の焦げ付きとなってしまうわけです。その代わり、消費者金融は銀行の融資よりも金利を高めに設定して回収不能リスクを低減しているのです。それゆえ、一般的に消費者金融は金利が高いと言われますが、何も暴利を貪るために高金利にしているわけではなく、ハイリスクに対応するためのシステムだったのです。少し前までは、出資法と利息制限法の上限金利の差がグレーゾーン金利と呼ばれていました。それで、現在はどれだけ金利が高くても20%、実際にはそれよりも低い利率で消費者金融の融資が行われるようになっています。しかも、最近は消費者金融業者同士の競争も激化しており、低金利で融資を行う業者が多くなってきています。これは、もちろん限定された場面での金利ですが、その業者の最高金利は17.8%になっており、かつての29%から見れば相当の低金利になってきています。最低金利が7~9%、最高金利は18%前後の業者が多いようですね。低金利を謳っている業者の条件を見てみると、当然のことながら大口の融資のほうが低い金利になっています。例えば「10万円以下の融資は金利18%、上限である300万円なら6.3%」といった具合です。

http://www.teikinri-loan-hikaku.com/
低金利ローンでお金を借りる人のためのお役立ち系情報サイトです。目的に合わせてデータを入力すれば貴方に合ったローンに申し込めます