パソナのフレッシュキャリア社員制度ってどんなの?

この「PASONAフレッシュキャリア社員制度」は、学校を卒業したのちに就職できなかったことで空白期間を作ることなく、職業経歴を作ってくれる新しい就職活動の仕組みです。
また「就職難民」や「第二新卒(就職後2~3カ月程度で退職してしまい、キャリア形成の意味をなさない新卒組を指す)」などの言葉も流行しています。
パソナでは、「PASONAフレッシュキャリア社員制度」を利用して入社した新卒者を各パートナー企業へ派遣し、その中でキャリアアップのための教育を行っていきます。
このフレッシュキャリア社員制度を噛み砕いて説明すると、職務経歴が全くない方をパソナからの紹介予定派遣という形でパートナー企業へ派遣し、一定の期間社員教育を施し、実務を任せながら採用を見極めていくというような対応を取っています。
パートナー企業への入社が決定するのは、2~6ヵ月以内のようです。
パートナー企業も多岐にわたりますので、ご自身の希望する企業や職種に就くことが可能です。
もう大学4年になって就職活動が大幅に出遅れてしまった、エントリーシート送付から先に進むことができないというあきらめモードの方にもこのフレッシュキャリア社員制度を是非お勧めします。
派遣登録仕事?求人案件紹介の流れ【初めての人必見】