フラット35を申し込むときのポイントは?

今後、新築を購入する計画を立てている方、費用にいくらかかり、全部でどれ位の期間が必要なのか明確な数字として算出する場合はシミュレーションがいいと思います(^^)賞与などを利用した返済にするのかしないのか、返済を始める月はいつからにするのかまで設定でき、大まかにフラット35住宅ローンの返済額を計算できるので大変役立ちます。
最近ではどこの会社も無料で試せるものが多く、比較してみると更に判断しやすくなるでしょう。
とは言っても、これはあくまでも目安として考えましょう。
直接相談できるところも沢山あるので、多いに活用して下さい。
もしも、フラット35住宅ローンが残っている段階で離婚しちゃう事になったら残りのお金は誰が支払うべきなのでしょうか。
特に未成年の子供がいる家庭の場合、ローンだけでなく家族を養うためのお金や場合によっては慰謝料が発生します。
まずは不動産の名義人は誰なのか、契約内容もしっかりと確認し、これから先、後悔しない選択をしていく必要がありますね! 家を売ってお金にするという方法もありますが、判定してもらった金額がローンより安ければ、夫もしくは妻がその残高を支払う責任がありますね!大きな金額を扱う商品なだけに慎重に取り決めを行いましょう。
フラット35住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険がありますね! それは団体信用生命保険という名前の保険です。
団体信用生命保険という物は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
こちらで保証料を負担する必要はないので、安心してフラット35住宅ローンの申し込みが出来ます。

フラット35の審査は厳しい?審査基準を知りたい!【通りやすい方法は?】